厚生労働省はシックハウス対策として
化学物質の濃度指針値を定めた

現在定められているのは以下記載の13種物質。

ホルムアルデヒド
指針値 100μg(0.08ppm)
主な用途 合板、壁紙、接着剤パーティクルボード、合成樹脂、防腐剤など
健康への影響
鼻・咽喉の刺激、流涙、くしゃみ、咳、吐き気、呼吸器障害、発ガン性
トルエン
指針値 260μg(0.07ppm)
主な用途 施工用の接着剤、塗料の溶剤、ワックスの溶剤
健康への影響
倦怠感、知覚異常、吐き気、神経症状に影響、意識低下、不整脈
キシレン
指針値 870μg(0.20ppm)
主な用途 塗料用溶剤、樹脂、ワックス、接着剤
健康への影響
眼・咽喉の刺激、知覚異常、吐き気、精神錯乱、頭痛、不眠症

パラジクロロベンゼン
指針値 24μg(0.04ppm)
主な用途 防虫剤、芳香剤
健康への影響
眼・喉・鼻・咽喉痛、悪心、吐気、肝臓機能低下、腎臓機能低下
厚生労働省
総揮発性有機化合物
TVOC指針値
400μg/m3
表は全てm3あたり
エチルベンゼン
指針値 3800μg(0.88ppm)
主な用途 合板、塗料、接着剤
健康への影響
眼・皮膚・気道を刺激、注水神経系に影響

スチレン
指針値 220μg(0.05ppm)
主な用途 発砲スチロール、合成ゴム、樹脂
健康への影響
眼・皮膚・気道に刺激、喘息、眠気、脱力感、目眩
クロルピリホス
指針値 1μg(0.07ppm)
主な用途 シロ蟻駆除剤、防蟻剤
健康への影響
急性中毒症の症状として倦怠感、頭痛、目眩、悪心、嘔吐、多量の発汗、下痢、腹痛、意識混濁、けいれん
フタル酸-2-ブチル
指針値 220μg(0.02ppm)
主な用途 プラスチック、塩化ビニールの可塑剤、塗料、顔料、接着剤
健康への影響
吐気、頭痛、目眩、結膜炎

テトラデカン
指針値 3300μg(0.04ppm)
主な用途 灯油、塗料
健康への影響
刺激性で麻酔作用がある、皮膚の乾燥・角化・亀裂、接触性皮膚炎
フタル酸-2-エチルヘキシル
指針値 120μg(7.6ppmb)
主な用途 壁紙、床剤、フィルム、電線被覆など
健康への影響
眼・皮膚・気道に刺激、消化管に影響を与える、皮膚炎
ダイアジノン
指針値 0.29μg(0.02ppb)
主な用途 殺虫剤
健康への影響
アセチルコリンエステラーゼの阻害、中毒症状は、クロルピリホスと同様。

アセトアルデヒド
指針値 48μg(0.03ppm)
主な用途 接着剤、防腐剤、食べ物・アルコール、喫煙
健康への影響
目・鼻・喉に刺激、結膜炎、皮膚炎、麻酔作用、意識混濁、肺浮腫
フェノブカルブ
指針値 33μg(3.8ppb)
主な用途 害虫駆除、防蟻剤
健康への影響
倦怠感、頭痛、めまい、悪心、嘔吐、頭痛、縮瞳、意識混濁、紅斑、浮腫