タイヤ空気圧・温度モニタリングシステム  TPCheckerとは?

TPCheckerは乗用者・トラック・バス・2輪車のタイヤ空気圧・タイヤ内温度をモニタリングするシステムです。

商品は、「センサーユニット」「エアバルブ」「受信機能付モニター」から構成されており、ホイールのエアバルブの内側に取り付けた「センサーユニット」が検出したデータを無線を利用して「モニター」へ送り、表示するシステムです。
運転席付近に設置する「モニター」を通じ、タイヤ内空気圧とタイヤ内温度をドライバーにお知らせします。
これにより走行前の空気圧点検を大幅に省力化し、走行中でもタイヤが安全に機能しているかどうかを、リアルタイムでドライバーはチェックすることが出来ます。

TPMSとは

TPMSとはTire Pressure Monitoring Systemの略で、タイヤの空気圧を走行しながらチェックするシステムの事です。
アメリカやヨーロッパの自動車には空気圧監視システムの装着が義務づけられてきています。
その理由としては、今日のタイヤの進歩が著しい事に助けられ、ユーザーはタイヤ空気圧の過不足や異常発熱がどれほど通常走行に危険を伴っているかの認識が低く、タイヤバーストという最悪の結果を招いているのが現状です。
その危険性を回避するために海外ではTPMSが重要視され、アメリカでは2007年以降に販売される自動車には装着が義務づけられています。オートバイは自動車以上にタイヤの性能に依存する乗り物です。もしタイヤの空気圧や温度に異常があった場合、自動車だと操縦性に問題が出る程度の状況でもオートバイの場合は転倒の危険性が非常に高くなります。
また、タイヤの状況は走行中に変化することがあり、走行前点検で必ずしも危険を回避できるとは限りません。
だからこそ、走行中のタイヤ状況を監視するシステムが、安全にバイクライフを楽しむためには必要不可欠で、海外オートバイメーカーでも純正装着されている車両が販売開始されています。
その他の装着メリットは、適切な空気圧を常にチェック出来ることから、燃費性能の確保、タイヤの耐久性をのばすなどの効果があります。
タイヤは正に、自動車の構成パーツの中で最も安全性を必要とするコンポーネットである事は
疑いもない事実です。道路に接触しているゴム部には、「摩擦」「操作・操舵」「磨耗」を繰り返し、
タイヤというパーツが仕事をしています。このタイヤに突然トラブルが発生し、特に高速道路上でトラブルが発生した場合は、重大な二次災害をもたらす可能性があります。
タイヤ空気圧の日常管理を怠る事で、タイヤが原因で恐ろしい事故を起す要因になるという事実を、再認識する時に来ています。
タイヤ空気圧監視システム/センサー
タイヤに設置されたセンサーがタイヤ空気圧・温度を測定してデータをモニターへ表示させます。
タイヤ空気圧監視システム/モニター
運転席付近にセットされたモニターから、ドライバーは運転中も常にタイヤ空気圧・温度を確認できます。

TPCheckerの商品構成

■センサーユニット
3秒ごとにタイヤ内空気圧とタイヤ内温度を測定します。測定されたデータは30秒に1回の間隔でモニターへ送られます。

■モニター
センサーから送られた空気圧・温度を直接受信し、各部に情報を表示します。

■専用アルミバルブ
TPChecker専用のアルミバルブです。センサーユニットと一緒に取り付けします。

■USB電源ケーブル
USBケーブルをモニターへ繋ぎ、シガーソケットから電力を供給するケーブルです。


※製品について
本製品は他社センサーと互換性はありません。TPCheckerを使用して、他社製モニターや、他社製センサーでは正しい状態で動作は出来ませんので、必ずオリジナルの状態でご使用下さい。TPCheckerの表示誤差は下記の通りになります。


個々のエアゲージの誤差で、表示数値が異なる場合があります。


モニターの表記及び説明
空気圧の記号を表します。
緑色の点灯の際は正常時、赤く点灯している際にはタイヤ空気圧に異常がある事を示します。
タイヤ内温度の表記。
緑色の点灯の際は正常時、赤く点灯している際にはタイヤ内温度に異常があることを示します。
】空気圧・温度異常を示します。
】正常の空気圧・温度域であることを示します。
空気圧及びタイヤ内温度を示します。

タイヤ空気圧監視システム使用電波体比較

タイヤ空気圧監視システムには使用出来る電波帯が規制されています。
TPCheckerは独自の電波帯(449.775MHz)を取得しており、この電波帯を取得する事により、他社製品より約20倍もの強い出力を誇ります。強い電波を発信出来る事こそTPCheckerの最大の特徴で、センサーから発せられた電波(情報)は、TPChecker独自の強い電波帯(449.775MHz)に乗り、モニターへ正確確実な情報として表示されます。

仕様比較表
周波数帯 電界強度 空中線電力
微弱無線 315MHz 54.0dBμV/m 規定無し
新認可特定無線設備 312〜315.05MHz 89.2dBμV/m 0.25Mw以下
TPChecker取得無線設備 449.775MHz 規定無し 5Mw以下

商品仕様

Transmitter Specifications スタンダードモデル(P403K) スポーツモデル(P405SM)
バッテリー寿命(センサー) 一般的な使用頻度で約3〜5年
保管温度 -40℃〜125℃
動作温度 -30℃〜100℃
周波数 449.775MHz(±100KHz)
測定圧力範囲 0〜5.35KPa(×100KPa)
測定圧力誤差範囲 ±10KPa(±0.1×100KPa)
測定温度範囲 -40℃〜125℃
測定温度誤差範囲 ±4℃
センサー監視頻度 3秒(モニター表示は30秒毎に1回)
バッテリー電圧 3.6V
センサー重量 36g
センサーサイズ 45mm×25mm×30mm(バルブ部分は含まれません)
特定小電力無線設備認証取得済み

Receiver Specifications スタンダードモデル(P403K) スポーツモデル(P405SM)
作動電圧 9V〜16V
作動電流 ≦200mA
感度 ≦-107dBm
周波数帯 449.775MHz(±100KHz)
保管温度 -40℃〜90℃
動作温度 -30℃〜85℃
表示空気圧範囲 0〜5.4(×100KPa)
表示温度範囲 0℃〜99℃
低空気圧警告設定範囲 1.2〜2.5(×100KPa)/(初期設定値1.8×100KPa)
高空気圧警告設定範囲 1.2〜2.5(×100KPa)/(初期設定値1.8×100KPa)
温度警告設定範囲 60℃〜99℃(初期設定値80℃)